ハイブリッドアルファー(HYBRID A PN-G1)

 

○ハイブリッドアルファー(HYBRID A PN-G1)の特徴

 

水素水を楽しむならハイブリッドアルファーがおすすめです。ハイブリットアルファーの特徴はまず溶存水素濃度が4.0ppmの超高濃度水素水サーバーであるということです。このハイブリットアルファーは、コップにいれても、溶存水素濃度3.0ppmがなんと5時間も持続します。ハイブリットアルファーは冷却機能もついているので、いつでも冷たい水素水を飲むことができます。PEM方式を採用しているので、飲み水に電極が触れません。

 

浄水機能がついているので、水道水がそのまま使えるのもハイブリットアルファーの魅力的な特徴です。飲み水をUV除菌するので、安心して飲むことができます。

 

水素発生器はデュポン製です。またハイブリットアルファーは冷水がでるサーバーとしては、とてもコンパクトです。ガロンボトルを使えばオフィスでも使えます。

 

最近よく疲れる、年齢よりも老けて見える、ダイエットに失敗している、最近寝つきが悪い、手足が冷える、肌トラブルがある、という悩みがあるなら、溶存水素濃度ナンバーワンのハイブリットアルファーがおすすめです。

 

溶存水素濃度4.0ppmというのは水素水サーバーの中で、溶存水素濃度ナンバーワンです。つまり、他の水素水サーバーは高濃度水素水かもしれませんが、ハイブリットアルファーは、「超高濃度水素水サーバー」なのです。

 

なぜハイブリットアルファーが常に溶存水素濃度が高い状態で飲めるかというと、1時間に1度、15分間水素を生成させているので、常に溶存水素濃度2.2ppmの水素水を飲むことができます。溶存水素濃度を4.0ppmにあげるためには、水素レベルを6にすると、時間経過とともに上昇していきます。

 

ハイブリットアルファーはコンパクトなので、家でも場所をとることはありません。

 

ガロンボトルをつければ、オフィスにもおすすめです。ぜひ、水素水を始めるなら超高濃度水素水サーバー、ハイブリットアルファーがおすすめです。

 

ハイブリッドアルファー(HYBRID A PN-G1)

 

ハイブリッドアルファー(HYBRID A PN-G1)詳細はこちら