アキュエラブルー(AQUELA BLUE)

 

○アキュエラブルー(AQUELA BLUE)の特徴

 

世界初の国際特許技術により中性で、1.6ppmの水素水が、たったの5分で作ることができます。

 

従来の電気分解式水素水サーバーでは、水素水とpHコントロールすることができず、1.6ppmの飽和量まで水素を飽和量まで水素を増やすために電流を上げるとpH10.5以上のアルカリ性になるので飲むことができませんでした。

 

アキュエラブルーは、特許電解技術により、陰極室だけ通水するシステムで、酸性水を生成せず、pH値を人体の生体水と同等の中性領域に保ちながら、酸化還元単位を-600mVまで低下させ、水素量を1.6ppmの飽和まで増やすことに世界で初めて成功しました。

 

アキュエラブルーは酸化還元電位−600mVです。酸化還元電位とは、酸化させる力を還元させる力との差を表したもので、プラスであれば酸化力が強く、−であれば、還元力が強いということになります。アキュエラブルーで作る水素水は、- 600mVで非常に低い特徴があります。アキュエラブルーは中性の水素水が作ることができます。アキュエラブルーは独自の技術によって中性の水素水を作ることに成功しています。使用するミネラルウォーターの成分を一切変化させず、pHも変化させず、水素分子量だけ増加させていますので、マグネシウムが水に溶け込んでしまうこともなく、安心安全の水素水を作ることができます。

 

しかも利用者にうれしいことに、アキュエラブルーはランニングコストが0円ということです。アキュエラブルーは、コストのかかるカートリッジなどの消耗品がないので、ランニング費用を心配することなく、水素水を継続することができます。

 

アキュエラブルーの操作はとっても簡単なおでだれでも簡単に水素水を作れます。今ならメーカー保証3年に、2種類のプレゼントの中から、お得なプレゼントを1つプレゼントしてもらえます。水素水をスタートするなら、世界初の中性1.6ppmの飽和水素水のアキュエラブルーがおすすめです。

 

アキュエラブルー(AQUELA BLUE)

 

アキュエラブルー(AQUELA BLUE)詳細はこちら