市販の水素水はすでに水素が抜けています

水素水の驚くべき効果や効能がテレビやインターネットなどで大変話題ですが、水素水の効果をしっかりとじっかんするためには、購入した水素水の水素が抜けていないことが大切です。もしかしたら、あなたの購入した水素水はすでにただの水になっているかもしれません。そんな水素水の注意点についてご紹介します。

 

○水素は目に見えないから注意が必要

 

空気中の気体というのは、目には見えません。これは同じ気体である水素も同じことです。色や臭いがあるわけではないので、水素が水素水から抜けていたとしても、だれもわかりません。特殊な実験装置でなければ、水素水濃度を測定することはできません。

 

また、水素というのは水に溶けていても、徐々に空気中に抜けていきます。真空アルミパックなどがありますが、容器の中の空気を完全にゼロにするのはアルミ容器では難しく、徐々に空気に溶けていきます。さらに開封してしまえば、あっという間に空気さらされるので、せっかく高濃度で溶けていた水素もあっという間に抜けていってしまいます。

 

一度開けたら、一度ですべて飲み切らないと、水素水パックの場合は、時間が経過するとただの水になっています。

 

○市販の水素水はすでに水素が抜けているかもしれない!

 

さらに市販の水素水の中でも真空アルミパックでない容器で水素水を販売しているものがありますが、そういった市販の水素水はすでに水素が抜けている可能性が非常に高いです。

 

というのも、運ばれてくる衝撃などによって、空気にふれてしまうと、水素はあっという間に抜けてしまいます。また、プラスチック容器というのは完全に分子が通らない隙間を作らないようにするというのは科学的に非常に難しいので、目には見えない小さな小さな穴から、水素がもれている可能性は十分にあります。
ですので、市販の水素水はすでに水素が抜けているかもしれません。

 

○だから水素水サーバーで、できたての高濃度水素水を飲もう!

 

せっかく高い水素水を購入しても、肝心な水素が抜けていてはなんの意味もありません。
そこでおすすめなのが、水素サーバーです。水素水サーバーはすぐに高濃度水素水を生成できるので、水素を効率よく体内に取り込むことができます。どうしても時間経過とともに水素は抜けてしまうので、飲みたいときに飲みたい量の水素水を作れる水素水サーバーは、費用の面から考えても、とても効率的です。

 

ですので、市販の水素水を継続するよりも、水素水を継続したい方は、水素水サーバーが効率よく体内に水素を取り込めて、なおかつコストの面でも安くすむでしょう。