ではなぜ、水素水サーバーを選ぶといいの?

・ではなぜ、水素水サーバーが選ばれているの?

 

水素水は現在、いろいろな形態で販売されています。ペットボトル、アルミパック、金属缶などなど。

 

ですが、水素が逃げてしまうと、せっかくの水素水の効果を体感することはできません。
水素はこの世で一番小さい原子なので、ペットボトルやプラスチックなどの容器ではすり抜けていってしまい、ただの「水(みず)」になってしまうのです。
金属缶でも、一旦開けてしまったら、蓋のすき間からどんどん水素が逃げていってしまいますので、開けたらすぐに飲み切らないと、水素水の恩恵にはあずかれません。

 

その点、サーバーでしたら、水素水をその場ですぐに飲むことができますし、水素水用のアルミパウチなどを併用すれば、外出先でも飲むことができます。

 

そして、コスト面でもサーバーが断然お得なのです。販売されている水素水は高価なものが多いため、割高なイメージがあると思います。これを普通の水と同じように使おうと思ったら、普通の水道代の何倍かかるのでしょうか?
水素水サーバーは決して安いものではありません。ですが、水は毎日飲むもので、生活にも不可欠ですから、飲料水、料理、お風呂等大量に使用することになります。サーバーは、一度取り入れると、あとは定期的なメンテナンスだけで済みますので、ランニングコストは考慮に入れなくてもよいでしょう。大量に使えば使うほど、コスト面ではサーバーに軍配が上がるのです。

 

水素水は濃度が高い程効果的?

 

水素水は実際に、濃度が高い程効果が期待出来るというのは本当でしょうか。
実際に検証の結果、水素水の濃度に関してはて約0.4ppmまでが効果と水素濃度に密接的な関わり合いがあるといわれています。

 

しかし、ここから問題で、水素の濃度は、 0.4ppm以上になると効果が水素の濃度と直接的にはかかわりあわない、という報告がされています。
なぜ、こういうことが起こってしまうのかと言えば、体内に水素分子をしっかり感知している水素レセプターがあり、その水素レセプターが一定数値のみを受け入れているからです。水素水の濃度の高いものを取り入れたにしても、約6割程度が消費も吸収もされていない事実も判明しています。

 

呼吸とともに即、水素は外へ排出されてしまうだけです。
いろいろ、ここの部分からも、本当に正しい水素水サーバーを選択する基準など見つけだせるものなのではないでしょうか。

 

水素濃度0.4ppmより水素濃度0.8ppm の方が実際に、水素水の効果は期待出来るのかもしれません。
ただし、水素水濃度が1.0ppm以上の場合、水素濃度1.6ppmであっても、それ程効果に違いはないという検証結果があるのです。
私達は、水素の濃度に対して、濃い方がいいという幻想を抱いてるのかもしれませんね。

 

その水素水サーバーは基準を満たしているか?

 

活性酸素は以前から良く知られていたものと言えます。しかし、 活性水素と言えば、知名度はいまひとつ…というのが正直なところでした。
活性酸素という言葉の響きは、万病のもとである印象は古くから私達の意識に備わっていました。
その活性酵素を活性水素は、瞬間的にやっつけて、病気を未然に防いでくれたりするということなのです。

 

電気分解の方式によって生成された水素水は30気圧以上の高圧で溶解させた程度の水素が溶解しているといわれています。
つまりその溶存水素の一部が活性水素であり、活性水素を含有している水素水を「水素水」といいます。

 

注意が必要なのは、水素水サーバーの機器によって、大きく能力に違いがあり、同じ機器であっても、水量や水質が変動する可能性があり、選ぶ消費者がきちんと調べて取り入れるべきなのですね。

 

私達は基準を満たしている水素水サーバーを更に選択していくことが、とても大切なのですね。